他言語は現代の常識|ビジネスにおいて必要な翻訳サービス|気になる料金の相場を知ろう

ビジネスにおいて必要な翻訳サービス|気になる料金の相場を知ろう

女性

他言語は現代の常識

キーボード

翻訳の必要性の高まり

インターネットで物を販売するとしたら、今の時代は国内販売にとどまらないケースが多く、そうなると取扱書などは十何ヵ国もの言語で記載が必要になりますし、ホームページも各国の言語で閲覧できる仕様にしなければなりません。さらに日本は現在インバウンドマーケティングを広げて、国の目玉産業に発展させようとしています。これらのことから、現代のグローバリゼーションと共に、多言語翻訳の必要性は急速に高まっていると言う事ができます。現在は世の中に様々な翻訳ツールが出ており、その精度も日に日に高まっています。個人のホームページ等であれば、今や誰でも気軽に他言語で製作することが可能な時代になってきています。法人企業が取り扱うホームページや文書となると、自社ツールを持たない場合は、多言語翻訳を翻訳会社に依頼するのが一般的な流れとなります。

翻訳会社の選定

日本には、大きい会社から個人経営の小さい会社まで含めると、4000程度の翻訳会社が存在しています。多言語翻訳を依頼する一社をその中から選び出さなければなりませんが、そこにはある程度の注意点があります。多言語翻訳を行う会社にはそれぞれの得意分野があります。まず多言語ホームページの製作を行う会社は、そのあとのWEBサイトの構築やコンテンツの製作まで一括で行うこともあります。また、主に映画やDVDの映像につける字幕等を製作する会社もあります。この場合の大きな特徴としては、一度に表示される文字の時間と数に制限があることです。それからマニュアル翻訳を行う会社は、海外工場の現地スタッフの為のマニュアル翻訳などが当たります。上記以外にも様々な分野があります。このことに注意しながら会社の選定を進める必要があるでしょう。