ビジネスにおいて必要な翻訳サービス|気になる料金の相場を知ろう

男女

量と内容で決まる

女性

量に応じて計算される

作業の依頼を行うとき、作業を一つとして依頼することもあれば、作業を量に換算して、単位当たりでいくらと決めることもあります。翻訳の場合はどのように料金が決まるかですが、最も多いのが出来高制です。こちらは、結果の文字量によっていくらになるかが決まっています。注意したいのは、元の文字の量ではないことです。そのため、技量によっては無駄に文字数が増え、高くなることがありました。それを防げる翻訳の料金の計算方法に原語カウント制があります。こちらは、依頼主が用意する原語の文字量で決定する方法です。事前に文字の数がわかっていますから、料金もわかります。いくらくらいかかるのかを知って、依頼することが可能になります。

業界団体の目安がある

文書には様々な種類があります。新聞などの日常的な文章から、文学作品や論文などもあります。さらには、専門的な書物であったり、特許などの特殊な書類もあります。日本語であればそのまま利用することができますが、外国の物ならそれを翻訳する必要があります。その時の料金として、業界団体の方で一定の目安を示してくれるケースがあります。コンピュータのマニュアルを翻訳してもらうとき、1ワード当たり30円ぐらいとしています。医学関係の書物となると、高度な知識、専門的な知識がいるために、料金も大きく上がります。どの分野がどれくらいになるかを知っておけば、依頼をした業者の価格が高いのか、低いのかを知ることができます。業者選びに役立ちます。

同時に依頼する

パソコン

海外支店のマニュアルや全世界に出荷している機器の説明書など、多言語翻訳が必要になる場面が増えてきました。1言語ずつ翻訳するよりも、同時に多言語翻訳を依頼したほうがコストカットになります。

読んでみよう

ビジネスにおいて必要

筆記用具

ビジネスで使う文章に間違いがあってはいけないので、日本語を外国語に変換したいときには翻訳代行サービスを利用することをお勧めします。たくさんの翻訳代行サービス会社がありますので、世界中のほとんどの外国語の翻訳をお願いできます。

読んでみよう

他言語は現代の常識

キーボード

仮に良いサービスを構築しても、外国人に伝わらないという場合、今の時代ではその価値は半減すると言ってもいいでしょう。翻訳業界や翻訳会社の仕組みを理解しておき、多言語翻訳を味方につけることは、より質の高いサービスを提供することに繋がります。

読んでみよう